若い女性と沢山のリンゴ

内容の把握

フルーツ

エレベーター保守の種類について

エレベーターは箱状のものを上下または左右に動かし、人や物を運んだりする装置です。一般にエレベーターというと、一定の階層のある建物において階層間の移動に使われるものを指します。エレベーターの仕組みとしては、シャフト内に設置されたゴンドラを動力源を使って上下させるというものです。このさいに引っ張り上げるのがワイヤーであり、動力源にはモーターが使われるのが一般的です。またモーターの負荷がかかり過ぎないようにゴンドラの反対側に錘を付けてバランスを取っています。可動部の多い装置ですので、適切に運用するには保守が重要になります。エレベーターの保守契約はフルメンテナンスと、POG(パーツ・オイル・グリス)メンテナンスがあります。

平均的な費用について

エレベーター保守は、フルメンテナンスとPOG(パーツ・オイル・グリス)の二種類がありますが、その違いとしては、フルメンテナンスが装置全体の保守作業を行うのに対してPOGでは、消耗品の交換や点検を行うというものです。費用としては一般的なマンションなどで使われるエレベーターであれば、フルメンテナンスでは1台あたり5万円から6万円台であり、POGは4万円から5万円とされています。POGのデメリットとしては、消耗部品のみの交換や点検であるので、そのほかの場所の修理や交換は管理者が手配する必要があるという点です。一方でフルメンテナンスはすべてを任せっきりであるためエレベーターの管理状況がわかりづらいという点があります。